障害年金についてのメインコンテンツ

特別障害給付金

「特別障害給付金」とは、20歳以降国民年金に任意加入していなかったため初診日要件を満たせず、障害基礎年金を請求できない障害者のために、平成17年より福祉的措置とし創設された年金制度です。

以下に特別障害給付金の基礎情報について記載します。ご参考下さい。

給付金額(26年度額)

1級 月額49,700円
2級 月額39,760円

※年金額は、毎年物価スライドにより改定になります。
※年金の支払いは2カ月分ずつ、年6回(2,4,6,8,10,12月)です。

対象者

国民年金の強制加入から除外されていたため、任意加入をしなかったときに障害の原因となる傷病の初診日があって、現在、障害基礎年金1級又は2級相当の障害に該当する方(障害者手帳の等級とは異なります。)が対象者となります。主に以下の場合です。

  • ・平成3年3月以前の国民年金任意加入対象であった学生
  • ・昭和61年3月以前の国民年金任意加入対象であった被用者制度(厚生年金、共済組合等)加入者の配偶者

※学生とは、大学(大学院)、短大、高等学校および高等専門学校、また、昭和61年4月から平成3年3月までは、これに専修学校及び一部の各種学校も含まれます。

請求手続

  1. 原則として、65歳に達する日の前日までに請求手続きを行わなければなりません。
  2. 特別障害給付金の請求書の他に、診断書等、障害基礎年金の請求に準じた各種の添付書類が必要です。
  3. 請求窓口は、住所地の市区役所・町村役場ですが、審査・認定・支給にかかる事務は日本年金機構の事務センターが行います。
  4. 必要な書類等が一部揃わない場合でも、請求書の提出ができ、後日、不足書類を提出することも可能です。まずは速やかに手続きをすることです。

留意事項

  1. 「20歳前の障害基礎年金」と同様に、本人の所得などにより支給制限があります。
  2. 障害基礎年金や障害厚生年金、障害共済年金などを受給する方は対象になりません。

障害年金メニュー