障害年金についてのメインコンテンツ

障害年金が初めての方へ

障害年金制度とは、障害や病気(精神障害を含みます)のため、お仕事や日常生活に支障があってお困りの場合に、ご加入の(ご加入していた)国民年金・厚生年金から給付される年金の事です。
この「障害年金」はあまり知られていませんが、精神疾患から人工透析をされている方、身体障害をお持ちの方など幅広い病気でもらうことのできるものです。
こちらでは障害年金に関わる基礎知識についてご説明させていただいています。
下記よりそれぞれのページをご覧下さい。

障害年金の基礎知識

こちらでは障害年金に関わる、基礎知識について、種類、特別障害者手当についてご説明させていただいています。

障害年金の種類

障害年金は、その障害の原因となった病気やケガの初診日においてどの年金制度に加入していたかにより、請求できる障害年金の種類が異なります。

特別障害給付金

「特別障害給付金」とは、20歳以降国民年金に任意加入していなかったため初診日要件を満たせず、障害基礎年金を請求できない障害者のために、平成17年より福祉的措置とし創設された年金制度です。